脱毛前のVIOの自己処理は、いつ?どうやればいいの?

“VIO脱毛を受ける時は、あらかじめ自己処理をしていかなければいけません。

「不器用だからできない」「自分では怖くてできない」という人は、有料になりますがサロンのスタッフにシェービングしてもらうことができます。

でも毎回お金をかけるのはもったいないですよね?

コツさえ掴めばVIOの自己処理も安全に行えます。

この記事ではVIOの自己処理の方法をご紹介していきますので、ぜひトライしてみてください。

VIO自己処理のタイミングはいつ?自己処理に必要な道具は?

自己処理を行うタイミングは、脱毛の2~3日前がベストです。

前日や当日の処理で肌を傷付けてしまうと、施術が受けられないことがあるので気を付けてください。

どうしても直前にしか処理できない人は、処理後に念入りに保湿をして肌のケアをしておきましょう。

毛抜きやワックスなど毛根から抜く自己処理は、脱毛の効果が得られなくなるので

絶対にNGです。

VIOの自己処理をする時は次の道具を用意してください。

・眉切りバサミ

先端が尖っている物は肌を傷付けないように注意してください。

先端が丸くなっている鼻毛切りバサミでも代用できます。

・電気シェーバー

VIOは粘膜に近くてとてもデリケートな部分なのでカミソリよりも電気シェーバーの方が安全で肌への負担も少なくなります。

ヘッドが小さく小回りのきくVIO用シェーバーや顔用のシェーバーが使いやすいです。

電気シェーバーが無い時はカミソリで剃るしかないのですが、慎重にしないと危険なのでかなり時間と神経を使います。

効率を考えても電気シェーバーを持っておくと、自己処理がかなり楽になります。

・大きめの手鏡

VIOの様子を確認しながら処理していくので、大きめの鏡の方が見やすいです。

自己処理のやり方~Vラインはデザインによって変わる~

自己処理の流れは

①長い毛をハサミで短くカットする

②シェーバーで剃る

という手順です。

毛が長いままだとシェーバーにからまって剃りにくいので、あらかじめ1~2cmくらいの長さにハサミで切りそろえていきます。

シェーバーの切れ味が落ちていると肌を傷付けてしまうので、切れ味の良い物を使いましょう。

Vラインの処理は、Vラインのデザインをどうしたいのかによって変わります。

Vラインのパターン① 形を整えたい

残したい毛以外の部分を処理します。

ナチュラル系、スクエア系、トライアングル系など好みの形に整えます。

フリーハンドで処理していくのが不安な人は、Vライン用のテンプレートを使えばキレイに整えることができます。

Vラインのパターン② 薄くしたい

初回はVライン全体を処理します。

一度全面に施術をおこなうことで、全体的に毛量を減らしていきます。

2回目からは生えてきた量を確認して、もっと薄くしたい時は全剃り、濃さに問題ないなら残したい部分以外の毛を処理します。

Vラインのパターン③ ハイジニーナ(無毛)にしたい

毎回、Vライン全体を処理します。

自己処理のやり方~Iラインはバランス・Oラインは全剃り~

Iラインは粘膜に近い部分なので、鏡で確認しながら丁寧に処理をしていきましょう。

鏡をまたぐような体勢で、手で皮膚を張りながら行うとやりやすいです。

シェーバーで粘膜を傷つけないように、内から外に向かってシェーバーを動かしていきます。

Iラインのパターン① 前側だけ残したい

Vラインとのつながりやバランスを見ながら整えていきます。

例えばVラインは細いのにIラインの幅が太いと、せっかく脱毛しているのにスッキリ見えなくなってしまいます。

正面からも確認しながら処理を進めていくとバランスが取りやすくなります。

Iラインのパターン② 薄くしたい

1~3回目くらいは全剃りです。

毛量を見ながら全剃りをするかしないかを決めます。

Iラインのパターン③ ハイジニーナにしたい

毎回、Iライン全体を処理します。

Oラインも鏡をまたぐような体勢で行うか、鏡の前でお尻を片側ずつ手で広げながら行うとやりやすいです。

Oラインも内から外にシェーバーを動かしてください。

Oラインは全て処理したい方は全剃りです。

粘膜には十分に気を付けて行いましょう。

Oラインは無料でシェービングしてくれるサロンもあるので確認しておくと良いと思います。

コツをつかんで!脱毛前にVIOを簡単に自己処理

VIOのデザインが決まれば、あとは練習あるのみです。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、焦って肌を傷付けたり、処理が甘くなっては意味がありません。

大事な部分ですから、丁寧に処理を進めてください。

やっているうちに、やりやすい体勢などが見つかると思います。

もし剃るのに失敗しても、そこを施術しなければまた伸びてきますから!

まずはトライしてみましょう。”